財形貯蓄で節税をする方法

SponsoredLink

毎月の給与明細を見て、
ため息をついている方、いませんか?

給料が低い!というのはまぁ仕方がないとしても、
税金でごっそり持って行かれるという方も多いでしょう。

税金というのはいろいろなものに課税されて、
考える度に悲しくなりますよね。

しかし、サラリーマンの方でも
節税をして少しでも税金を抑えることができるのです。

その方法の一つとして
財形貯蓄で節税をするという方法
があります。

財形貯蓄というの
毎月の給料から天引きによって貯蓄していくものなわけですが、
この財形貯蓄には
一般財形、住宅財形、年金財形の3種類があります

このうち一般財形に関しては金利には20%の源泉分離課税が課されるのですが、
住宅財形と年金財形に関しては一定金額までは非課税となるため、
利息を得ても税金を払う必要がないということで節税になります。

一般的な定期預金の場合だと利息には課税がされますから、
その点だけ考えても大変嬉しいところですよね。

注意する点としては、
住宅財形貯蓄と年金財形貯蓄というのは
それぞれ用途以外での引き出しはできず、

用途以外の引き出しをする場合には
解約扱いとなり非課税ではなくなってしまうのですが、
住宅の購入など用途がハッキリとしているのであれば
節税には非常に効果的ではないでしょうか。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 財形貯蓄 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク