財形貯蓄のおろし方は?

SponsoredLink

サラリーマンの方であれば、
資産運用として財形貯蓄をしている
という方も多いのではないでしょうか。

財形貯蓄は一般的に定期預金よりも高い金利でかつ非課税
ということでサラリーマンの強い味方となっています。

この財形貯蓄ですが、
いざその中からお金を引き出したいという時はどのようにしたらよいのか、
おろし方がわからないという方もいるかもしれませんね。

財形貯蓄のお金のおろし方なのですが、
まず財形貯蓄には3種類あるということを理解しなければいけません。

一般財形、住宅財形、年金財形の3種類です。

このうち一般財形の場合であれば、
いつでも好きな時に必要な分をおろすことが可能
です。
おろし方としてはお勤めの会社の担当の方に聞けば
手続きの書類などをもらえるはずです。

しかし問題となるのは住宅財形、年金財形の場合ですよね。
この2つというのは用途が限定されており、
定められた用途以外ではおろすことはできません。

例えば住宅財形の場合であれば住宅を購入する際などの費用としてしか
おろすことができないわけで、
それ以外の用途でおろす場合は
解約ということになって非課税というメリットもなくなります。

場合によっては
解約の際に一定の違約金、手数料がかかる場合もありますね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 財形貯蓄 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク