財形貯蓄が満額(550万円)となった場合

SponsoredLink

サラリーマンの強い味方である「財形貯蓄」ですが、
これから新しく社会人になる方だったり
転職をしたのだけれど、前の勤め先ではそんな制度なかった
という方もいるかもしれませんね。

財形貯蓄とはどういう制度なのか見てみましょう。
これは会社を通して金融機関に貯蓄を行うというもので、
大きな魅力としては
一般的な定期預金等と比べて金利が高めになっていることと、
種類によっては利息に対して非課税となっているということ
が挙げられますね。

財形貯蓄には一般財形、住宅財形、年金財形という3種類があるのですが、
このうち住宅、年金については元本550万円までは非課税
となっています。

この2つについては550万円が満額というように言われており、
満額に達するとそれ以上は20%の税金がかかる
こととなります。

住宅財形と年金財形が対象となっていますが、
この両方を利用しているという場合であれば、
それぞれ550万円が満額というわけではなく、
2つの貯蓄を合計した金額550万円が満額となり、
そこまでの利息が非課税ということになります。

満額とは言いますが
それ以上貯蓄できないというわけではなく、
課税されても良いから財形貯蓄の金利で貯蓄したいというのであれば
続けて貯蓄することもできます。

SponsoredLink
カテゴリー: 財形貯蓄 | タグ: , , , , | 財形貯蓄が満額(550万円)となった場合 はコメントを受け付けていません。

財形貯蓄で節税をする方法

毎月の給与明細を見て、
ため息をついている方、いませんか?

給料が低い!というのはまぁ仕方がないとしても、
税金でごっそり持って行かれるという方も多いでしょう。

税金というのはいろいろなものに課税されて、
考える度に悲しくなりますよね。

しかし、サラリーマンの方でも
節税をして少しでも税金を抑えることができるのです。

その方法の一つとして
財形貯蓄で節税をするという方法
があります。

財形貯蓄というの
毎月の給料から天引きによって貯蓄していくものなわけですが、
この財形貯蓄には
一般財形、住宅財形、年金財形の3種類があります

このうち一般財形に関しては金利には20%の源泉分離課税が課されるのですが、
住宅財形と年金財形に関しては一定金額までは非課税となるため、
利息を得ても税金を払う必要がないということで節税になります。

一般的な定期預金の場合だと利息には課税がされますから、
その点だけ考えても大変嬉しいところですよね。

注意する点としては、
住宅財形貯蓄と年金財形貯蓄というのは
それぞれ用途以外での引き出しはできず、

用途以外の引き出しをする場合には
解約扱いとなり非課税ではなくなってしまうのですが、
住宅の購入など用途がハッキリとしているのであれば
節税には非常に効果的ではないでしょうか。

カテゴリー: 財形貯蓄 | タグ: , , , , , | 財形貯蓄で節税をする方法 はコメントを受け付けていません。

母子家庭での教育資金について

子供がいるご家庭だと高校や大学へ進学するための教育資金というのは結構な負担となってきます。
ただでさえ大変な教育資金ですが、特に母子家庭の方の場合だとさらに大変さは増すことでしょう。
やはり子育てをしながら働かなければいけないということで職種や時間などにも制約があり、
満足な収入を得ることは難しいという方も多いはずです。
そういうわけで母子家庭の方の中には大学進学は諦めてしまっているという方もいるのではないでしょうか。
確かに教育資金を用意するのは厳しいものですが、母子家庭の場合であれば国や自治体からの助成というのもいろいろとありますからそれをうまく活用しましょう。
例えば国から借り入れすることができる教育ローンというのもその一つです。
国から借りることができる教育ローンは教育一般貸付というもので、お子さまの教育資金のために借りることができます。
ローンですから当然返済する必要がありますし、借り入れした金額に対して利息もつくことになりますが、
母子家庭の方の場合であればその利息についても少し優遇されています。
通常であれば年利2.25%となっているところですが母子家庭もしくは所得が少ない方の場合だと年利1.85%で融資を受けることができます。
また、返済期間についても通常15年のところ18年に延長されます。

カテゴリー: 教育資金 | タグ: , , , , | 母子家庭での教育資金について はコメントを受け付けていません。

教育資金の積立方法について

お子さまを大学まで通わせてあげたいというのは多くの親が考えることですが、そうなるとそれなりの教育資金が必要となります。
大学まで行くとなると最低でも1000万円以上は必要だと言われていますが、1,000万円をまとめて用意できる人というのはなかなかいないでしょうから、
多くの方はお子さまが小さいうちから教育資金として積立をすることになるかと思います。
積立をする方法としてはいろいろなものが考えられます。
教育資金の積立というと昔から一般的なのは学資保険ですね。
毎月保険料として積立ていくことで満期になった際には支払った保険料以上の金額を手にすることができます。
財形貯蓄というのも選択肢の一つです。会社勤めをしている方なら利用できるのが財形貯蓄であり、
会社の給料から毎月天引きで積立されるというのが大きな特徴です。
強制的に天引きされるわけですから、ついついお金を使ってしまうなんていう心配もなく、
また一般的な定期預金などより金利が良いというメリットもあります。
低解約返戻金型終身保険という選択肢もあります。
終身保険と教育資金が結びつかない方もいるかもしれませんが、
払込期間中は解約金が少なくなってしまう変わりに保険料が安く利回りが高いというメリットがあります。

カテゴリー: 教育資金 | タグ: , , , , | 教育資金の積立方法について はコメントを受け付けていません。

学資保険で教育資金は大丈夫か

子どもの将来の教育資金に対して備えるためには子どもが小さい時から貯蓄していく必要があります。
保険商品をその貯蓄のために利用するという方も多いですが、
やはり教育資金ということになると最初に浮かぶのは学資保険ということになるでしょう。
昔から学資保険は子どもの将来の教育資金のための保険として多くの方に利用されてきました。
保険商品ですから、毎月保険料を支払っていくことで将来に備えていくというわけです。
ただ、昔であれば利回りもよく、長年支払った保険料に対して高額な保険金を受取ることができたものですが、
最近では金利も非常に低くなってしまっており、学資保険についてもコツコツ支払い続けてもそれほど大きく増えないというのが現状です。
学資保険さえ契約して支払っていれば将来はなんとかなるという時代ではなくなってしまったということです。
そういったことから最近は学資保険を扱っていない金融機関もありますし、利用する方も減っている傾向にあります。
利用しているという方もそれだけでは不十分ということで他のものと併用しているという方も少なくありません。
ただ中には投資としての性格が強いものも多く、確実に準備するという点ではまだまだ学資保険も捨てたものではないでしょう。

カテゴリー: 教育資金 | タグ: , , , , | 学資保険で教育資金は大丈夫か はコメントを受け付けていません。