教育資金の積立方法について

SponsoredLink

お子さまを大学まで通わせてあげたいというのは多くの親が考えることですが、そうなるとそれなりの教育資金が必要となります。
大学まで行くとなると最低でも1000万円以上は必要だと言われていますが、1,000万円をまとめて用意できる人というのはなかなかいないでしょうから、
多くの方はお子さまが小さいうちから教育資金として積立をすることになるかと思います。
積立をする方法としてはいろいろなものが考えられます。
教育資金の積立というと昔から一般的なのは学資保険ですね。
毎月保険料として積立ていくことで満期になった際には支払った保険料以上の金額を手にすることができます。
財形貯蓄というのも選択肢の一つです。会社勤めをしている方なら利用できるのが財形貯蓄であり、
会社の給料から毎月天引きで積立されるというのが大きな特徴です。
強制的に天引きされるわけですから、ついついお金を使ってしまうなんていう心配もなく、
また一般的な定期預金などより金利が良いというメリットもあります。
低解約返戻金型終身保険という選択肢もあります。
終身保険と教育資金が結びつかない方もいるかもしれませんが、
払込期間中は解約金が少なくなってしまう変わりに保険料が安く利回りが高いというメリットがあります。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 教育資金 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク