みずほ銀行の教育資金贈与信託で非課税贈与

SponsoredLink

平成25年の4月1日から税制改正によって、それまでは贈与税がかかっていた教育資金の一括贈与が非課税となりました。
30歳未満の方に対しての贈与であったり、1,500万円までといういった条件はありますが、
これまで税金がかかっていたものが非課税になるということで、これを利用したお孫さんやひ孫さんに上手に教育資金を残そうという方も増えているようです。
この教育資金の一括贈与に関しては条件として信託銀行などの金融機関を利用する必要があるということで、この税制改正に併せて各金融機関でも対応した商品を販売開始しています。
たとえばみずほ銀行の場合も教育資金贈与信託という商品を販売しています。
みずほの教育資金贈与信託はもちろんこの税制改正に対応したものであり、1,500万円までの贈与に関して非課税で贈与が可能になっています。
金融機関によって違いがあるの信託金額の最低金額などです。
みずほ銀行の場合だと最低金額5,000円以上で、1円単位で金額を設定することができます。
また、一度預けた後で追加信託をするといったことも可能となっています。
中途解約については原則としてできないこととなっているのでその点は注意が必要となっています。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 教育資金 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク