子供の教育資金を資産運用で

SponsoredLink

子供の将来のために教育資金を貯めたいと考えている方も多いかと思います。
教育資金を貯蓄する方法としては学資保険が知られており、確実に準備をしていく方法としては安定しているとも言えます。
しかし、学資保険などでは利率が悪くそれでは1,000万円は必要とされている子供の教育資金を用意することが難しいという方も多いでしょう。
そうなった場合、利率の良い方法で運用するという選択肢もあります。
学資保険や定期預金などでは1,000万円を用意することはできなくても資産運用をして増やすことで備えることができるというわけです。
資産運用というと非常にリスクが高いイメージがあり、子供の将来の教育資金として備えるに確実性がなく危険という考えもあるでしょう。
しかし資産運用とは言ってもどれもこれもリスクが高い物ばかりではありません。
例えば投資信託などはリスクを抑えながら資産を増やすことができる方法として広く用いられています。
もちろんリスクはゼロではありませんが、学資保険や預金などの利回りの低い方法で子供が育つまでの10年15年も預けておくよりも、
資産運用によって10年かけて増やしていった方がよっぽど楽という考え方もできます。
将来必要な教育資金全てを運用で賄う必要はなく、一部は預金、一部は投資と分けるのも選択肢の一つでしょう。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 教育資金 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク