証券会社での教育資金一括贈与

SponsoredLink

平成25年4月1日から教育資金の一括贈与に関する非課税措置というのが始まっています。
これまではその都度の贈与の場合であれば贈与税は非課税となっていましたが、
まとめて贈与する一括贈与については課税対象となっていました。
しかし、これが税制改正によって一括贈与の場合も一定の条件で非課税となったわけです。
そしてその条件の一つとして金融機関を契約をして贈与するというものがあります。
一般的には信託銀行を利用する方が多いようですが、実は証券会社を利用することもできます。
教育資金の贈与と証券会社が結びつかないという方も多いかと思いますが、
これは証券会社に資金を預け、それを国内株式や投資信託、個人向け国債などで運用するというものです。
これも教育資金の一括贈与として扱われるため非課税での贈与が可能になる商品ということです。
証券会社ではマネックス証券がいち早くこれを取り入れ、教育資金贈与サポートとして扱っています。
証券会社を利用して運用するサービスということになりますので信託銀行などに信託するのとはまた方向性が変わってきます。
株式の売買などをするということになれば当然資金がマイナスになってしまうリスクもあるわけですから、
元本割れという可能性もあるということになりますね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 教育資金 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク