財形貯蓄の利率ランキングは?

SponsoredLink

今の時代は多くの方が安定を求めていて、
あまりリスクのない資産運用というのが求められていますね。

リスクの少ない資産運用の方法はいろいろとありますが、
できればその中でも少しでも利率が高いほうが良いですよね。

そういった安定した資産運用の利率のランキングなどを見ると
上位にくるのが財形貯蓄ですね。

財形貯蓄はサラリーマンの方だけが利用できる制度で、
毎月の給料から天引きされて貯蓄していくとうものです。

一般的な定期預金と比べて利率は少し高めになっており、
それに加えて条件次第で利息が非課税になるという優遇もあります。

そしてこれといってデメリットがないというのも良い所です。

そう聞くとだったら
財形貯蓄の中でも利率の良い金融機関のランキングってないの?
と考える方もいるかもしれませんね。

しかしそういったランキングというのは探してもまず見つからないでしょう。

というのも財形貯蓄というのは自分が勤めている会社と
金融機関が契約していなければ利用できない
ので、
自分で自由に金融機関を選ぶということができないからです。

会社がいくつもの金融機関と契約していればその中から選ぶということは可能ですが、
どこの会社も多くても2〜3の金融機関といったところではないでしょうか。

ですから
利率を比較するということもあまりできないということですね。

SponsoredLink
カテゴリー: 財形貯蓄 | タグ: , , , , , | 財形貯蓄の利率ランキングは? はコメントを受け付けていません。

財形貯蓄のおろし方は?

サラリーマンの方であれば、
資産運用として財形貯蓄をしている
という方も多いのではないでしょうか。

財形貯蓄は一般的に定期預金よりも高い金利でかつ非課税
ということでサラリーマンの強い味方となっています。

この財形貯蓄ですが、
いざその中からお金を引き出したいという時はどのようにしたらよいのか、
おろし方がわからないという方もいるかもしれませんね。

財形貯蓄のお金のおろし方なのですが、
まず財形貯蓄には3種類あるということを理解しなければいけません。

一般財形、住宅財形、年金財形の3種類です。

このうち一般財形の場合であれば、
いつでも好きな時に必要な分をおろすことが可能
です。
おろし方としてはお勤めの会社の担当の方に聞けば
手続きの書類などをもらえるはずです。

しかし問題となるのは住宅財形、年金財形の場合ですよね。
この2つというのは用途が限定されており、
定められた用途以外ではおろすことはできません。

例えば住宅財形の場合であれば住宅を購入する際などの費用としてしか
おろすことができないわけで、
それ以外の用途でおろす場合は
解約ということになって非課税というメリットもなくなります。

場合によっては
解約の際に一定の違約金、手数料がかかる場合もありますね。

カテゴリー: 財形貯蓄 | タグ: , , , , , | 財形貯蓄のおろし方は? はコメントを受け付けていません。

三菱UFJ信託銀行の財形貯蓄

会社勤めをしている方だけが利用できる
資産運用の方法である「財形貯蓄」

これは会社が金融機関と契約をして行うものであり、
利用する場合は会社を通して金融機関へ貯蓄することになります。

いろんな金融機関で財形貯蓄を取り扱っていますが、
例えば三菱UFJ信託銀行でも扱われていますね。

基本的にどの金融機関を使ったとしても
財形貯蓄の形としては大差はありませんが、

金融機関によって金利が違うのはもちろんのこと
使い勝手が違うということもありますね

例えば三菱UFJ信託銀行の財形貯蓄を利用するという場合、
いざその貯蓄から払い出しをしようとなった際に、
同じく三菱UFJ信託銀行で普通預金口座を持っている方であれば、
その口座で受け取れば振込手数料がかからないというメリットがありますね。

当然他の金融機関への振込ということになると手数料が必要となるわけです。
せっかく貯蓄して利息が付いたのに手数料を払うというのはもったいないですよね。

そういった事も考えて
財形貯蓄を利用する金融機関を選びたいところですね。

しかし最初に述べたように、
金融機関はお勤めの会社が契約している中から選ばなければいけません。

一つの金融機関しか契約していないという場合もあるでしょうから
そういう場合は選びようもありませんね。

カテゴリー: 財形貯蓄 | タグ: , , , , | 三菱UFJ信託銀行の財形貯蓄 はコメントを受け付けていません。

住友信託銀行の財形貯蓄

住友信託銀行では、
資産運用の商品の一つとして『財形貯蓄』というものを扱っています。

財形貯蓄というのは
会社勤めをしている方だけが利用できる金融商品で、
毎月給料からの天引きによって貯蓄をしていくというものです。

一般的な定期預金などと比べて金利が高く、
また種類によっては非課税になるなど優遇されており

定期預金に預けるよりは非常に有利な資産運用の方法だと言えます。

デメリットというのも全くないので、
会社勤めをしている方なら非常にオススメできる
かと思います。

これを聞いて早速
住友信託銀行で財形貯蓄を利用したい
と思った方もいらっしゃるかと思います。

しかし、財形貯蓄というのは
自由に金融機関を選べるというものではありません。

会社が金融機関と契約をして、
会社を通して貯蓄をするという方法のため、
お勤めの会社が住友信託銀行と契約をしていなければ
利用のしようがありません。

もちろんですが、
お勤めの会社が契約をしている金融機関の中から
選ばなければいけないわけですね。

中には財形貯蓄そのものがないという会社もありますね。

ただ、普段住友信託銀行を利用しているという方でないのであれば、
他の金融機関でもそれほど条件は変わりませんので、
こだわる必要はあまりないかもしれませんね。

カテゴリー: 財形貯蓄 | タグ: , , , , , | 住友信託銀行の財形貯蓄 はコメントを受け付けていません。

海外勤務の際の財形貯蓄の手続き

会社にお勤めの方で財形貯蓄で資産運用をしている
という方は多いかと思いますが、

そんな方の中で、海外への転勤をするという方も
いらっしゃるかもしれませんね。

そういった場合、
海外転勤時には出国の手続きをしなければいけません。

一般財形貯蓄の場合ですと、
日本での非居住者となる日までに、金融機関に連絡をして、
転勤先の海外の住所を連絡しておけば、
利子に対して非居住者としての税率が適用されることになります。

詳しく言うと、
一般財形貯蓄は通常20%の課税になり、
そのうち5%が地方税、15%が国税となります。

この手続をして非居住者ということになると
地方税は課税されず国税の15%のみが課税ということになります。

また、租税条約締結国への転勤ということであれば、
その届出をしておけば、
その国での税率が適用されることとなり、
さらに低い税率を適用することもできます。

年金財形、住宅財形の場合はどうかというと、
出国時の勤務先と雇用解約が継続していることと、
賃金が国内で支払われていること、
という2つの条件を満たす場合のみ、
届出をすることで7年間まで非課税措置が継続されることとなります。

一般財形貯蓄にしても、住宅財形、年金財形にしても
海外から帰国した際にはまた帰国の手続きをする必要があります。

カテゴリー: 財形貯蓄 | タグ: , , , , , | 海外勤務の際の財形貯蓄の手続き はコメントを受け付けていません。